会社概要

スワンソン株式会社について

スワンソン・プラスチックス社は1986年に台湾の台北で創業し、主にポリエチレン樹脂の加工及び原反、袋類等製品の製造と販売に従事する専門会社です。

スワンソンは台湾ポリエチレン樹脂の大手メーカーである親会社のUSI Corporationの下、更に市場における貢献を拡大するという考えに基づいて設立されました。


 弊社は創立以来、穏健な経営理念を以って、お客様に満足して貰えるように運営効率を高めつつ、スワンソンならではと、評される卓越したスワンソンの技術力により、ポリエチレンの薄膜技術の研究開発にも努力してまいりました。またスワンソンのポリエチレン.フィルム又は袋等の製品は包装、衛生、医療、電子関連等の用途においても、優れた品質であると市場において、絶大な評判を博しております。

一方、業務範囲の拡大、グローバル化の歩みをスピードアップする為に1992年より中国、シンガポール、マレーシア、印度及びインドネシアなどに進出し、将来へと続く経営と絶え間ない成長という目標を追求しています。

現在スワンソンは台湾国内及び海外に計9工場あり、現地の市場に供給する他、米国、オーストラリア、中南米、東ヨーロッパ等にも供給しています。最終目標はお客様が満足する製品とスワンソンならではのサービスを提供することです。

資本金: NTD 1498百万元(台湾部分のみ, 日本円換算約55億円)
従業員人数:700
会長: 呉亦圭
社長: 王照安
本社の住所:台湾台北市114内湖区基湖路378 F